本の内容が頭に入らない人への解決方法【知識を自分のモノにする】

悩んでいる人

本を読んでもなかなか内容を覚えられない。簡単に本の内容を覚えておく方法はないの?

今日はそんな悩みを解消します。

本記事の内容

・【教えるつもり読み】記憶の定着率28%UP

・【3行メモ】完読する方法

こんにちは、シン(@shin_zipangu)です。

この記事を書いているボクは本業を日々こなすかたわら、副業ブロガーとしても活動し。朝は瞑想、午後は筋トレとブログ記事1本執筆をする合間に。毎日の読書も欠かしていません。

今日はそんな多忙な一日をこなす上で、僕が身につけた【効率よく本の内容をインプット(記憶)する方法】をご紹介いたします。

記憶の定着率を28%上げる

本は読んで終わりではありません、もちろん小説などは読むこと自体が目的ですが。実用書、科学書や思想書などはそこで得た知識、情報をあなたの持っている知識と掛け合わせ。実生活で生かしてこそ意味があるものとなります。

ワシントン大学の研究によると、以下のことがわかりました。

教えたつもりで読むと、それだけで記憶の定着率が28%向上する。

この実験では実際に教えたかどうかは全く関係なく。つもりになるだけで28%という数字を叩き出してしまったとのことでした。驚きですね。

つまりアウトプットを想定していない読み方というのは、自分でわかっていると錯覚しているに過ぎず。自分の言葉に落とし込まなければ意味がないことがこの研究で判明しました。

もちろんですが、【教えるつもり】だけではなく。実際に誰かに教えても構いません。これは【ティーチング】というテクニックで、実際に人に教えることで自らの記憶の定着が良くなることもまた分かっています。

ただし、今すぐに始められてより手軽にできるテクニックは【教えるつもり読み】ですので、早速今日から始めてみてください。

モチベーションをコントロールする

【教えるつもり読み】が効果的なのはよく分かったけど、そもそもにして本を読みきれないよ、、、という方は【本を読む前の準備】が不足している可能性があります。

悩んでいる人

本を読む前の準備なんているの???それってめんどくさくない???

ご安心くださいやることはたった3行のメモでいいんです!

読書を始める前に以下の3つの質問の答えを、メモに書き出してみて下さい。

・なぜ、この本を読もうと思ったのか?

・この本から得たいものは何か?

・読んだ後、どういう状態になりたいと願っているか?

この3つの答えを書き出しすだけで、本を完読できる確率はグッと増します。

なぜならこのメモを作成することで、本を読みきれなくなってしまう最大の原因である「その本に対する意欲の喪失」、コレを防ぐことができるからです。

「読み始めたものの。別の本が気になって、そちらを読み始め、結局、読みきれないまま閉じてしまう」こういった経験ありませんか?ボクはあります笑

3行メモ】はこの問題を解決してくれるんです。

できればこの3つのことを書いたメモをしおりがわりに使うと、さらに効果的です。毎回読書を始めるたびに、このメモを読めばもともと自分が持っていた「その本への興味を取り戻すことができ、自分にとっておもしろい内容が書かれているはずだという期待も高まり、本を読み通すための集中力が戻ってくるから」です。

まとめ

【教えるつもり読み】

【3行メモ】

いかがでしたでしょうか?

本日は【簡単に記憶力がアップする方法】と、【本を完読する方法】についてご紹介いたしました。

参考になれば幸いです😌

本日参考にさせて頂いた本はコチラ⬇︎

-BLOG, LIFE STYLE

Copyright© Shinzipa Blog 🧠 ⚡ , 2020 All Rights Reserved.