リクルートエージェントの評判は?|メリット・デメリットを解説!

悩んでいる人
リクルートエージェントの評判を知りたい。
最近転職を考えてるんだけど、実際の利用者の感想を聞いてみたい。
メリット・デメリット他のおすすめ転職エージェントも知りたいな!

こんな疑問を解決します。

こんにちは、デジタルノマド(本業×副業)として働いているシン(@shin_zipangu)です。

この記事を書いているボクは、去年までブラック企業に勤めていて、リクルートエージェントやリクナビNEXTなどの転職エージェントを利用することでホワイト企業に転職することができました。

今回は実際にリクルートエージェントを利用した経験のあるボクが、メリット・デメリット、その他の利用者からのリアルな評判などをまとめていきます。

シン
この記事を読めば、実際にリクルートエージェントがどんなサービスなのか詳しくわかりますよ。

記事前半ではリクルートエージェントの特徴やメリット・デメリット、後半では評判やよくある質問をまとめました。

リクルートエージェントを利用するか悩んでいる方に、ぜひ参考にしてもらえればと思います。

>>リクルートエージェント公式HP

リクルートエージェントの特徴

公開求人数約95,300(2020年8月時点)
非公開求人数約106,580(2020年8月時点)
利用料無料
登録料無料
対象地域日本、海外
リクルートエージェントは、リクルートキャリア運営による業界最王手の転職エージェント。

求人数・転職実績・エージェントのスキルなど、大手ならではのハイレベルなサポートを提供しくれるので、転職時にはぜひ利用したいエージェントの1つです。

リクルートエージェントの拠点も全国的なので、関東首都圏以外にお住まいの方でも利用できます。

リクルートエージェントのメリット・デメリット

まずは、リクルートエージェントのメリットとデメリットをひとつ一つ、解説していきます。

メリット①:求人数が転職エージェントNo.1

リクルートエージェントの求人数は「転職エージェント業界No.1」です。

業種・職種が幅広く求人を扱っているので、まず「求人が見つからない」、「条件に合わない」といったことが起きません。

リクルートエージェントは、他の転職エージェントにはない独自の求人も多数取り扱っていますよ!
シン

メリット②:無料で利用できる

リクルートエージェントの登録料・利用料は一切かからず無料です。

理由は、「転職エージェント側は企業から報酬を受け取っているから」

サイト利用者に求人を紹介し、企業から内定が出て、利用者が入社した時点で、採用した求人企業からコンサルティングフィーを成功報酬として受け取っています。

なので僕たち転職エージェントを利用する側は「無料」でサービを利用することができる、とうい仕組みです。

「大手とはいえ、無料はなんだか怪しいな〜」と思われていた方も、仕組みがわかれば安心して利用できますね
シン

メリット③:書類添削・面接サポートも充実

リクルートエージェントは、様々なサポートを利用者に提供してくれます。

・書類添削
・面接対策サポート
・業界の「今」がわかる最新情報

上記のように、たとえ転職が初めてでも豊富な実績があるエージェントがあなたをサポートしてくれます。

面接対策では、事前の模擬面接をしてくれるため、企業側からよく聞かれる質問や、アドバイスをもらいながら本番の面接に向けて対策ができます。

エージェントの客観的な意見が聞けるので、転職の成功率もグッと高くなりますよ!
シン

メリット④:企業への交渉が強い!

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは、転職エージェント最王手ということもあり、経験豊富で優秀な方が多いです。

過去の転職実績、データ、企業側との関係や取引経験を活かして、転職者の希望にできるだけ沿った形で交渉してくれます。

実際にリクルートエージェントを利用者の6割以上が年収アップしているので、そのことからもキャリアアドバイザーの交渉力の強さが伺えます。

メリット⑤:転職エリアは全国対応

リクルートエージェントの求人は全国エリアで展開されています。

そのため、関東・首都圏以外の方でも利用可能です。

リクルートエージェント、拠点一覧

【北海道】
北海道支社

【東北】
東北支社

【関東】
宇都宮支社
東京本社
さいたま支社
千葉支社
西東京支社
横浜支社

【東海】
静岡支社
名古屋支社

【関西】
京都支社
大阪支社
神戸支社

【中国・四国】
岡山オフィス
広島オフィス

【九州】
福岡支社

もし、対面でエージェントに会えなくても、 電話やWebでの面談も受け付けてくれています。

>>リクルートエージェント

デメリット①:転職サポートは3ヶ月間

リクルートエージェントの転職サポート期間は基本的に「3ヶ月」です。

リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から転職先が決まるまでの約3カ月を目安としています。約3カ月を目安にしている背景のひとつに、実際に多くの方が約3カ月程度で転職先を決定していることが挙げられます。

ただしこれはあくまで目安であり、ご本人の置かれている立場や求人の状況によってはこの限りではありません。

参照:リクルートエージェント公式HP

これはリクルートエージェントに限らず、転職エージェントはほとんどの場合「3ヶ月」という期間が設けられています。

3ヶ月という限定された期間だからといって、納得しないまま転職を決める必要はありません。
納得がいくまで、じっくり考え抜きましょう。
シン

デメリット②:レスポンスが遅い場合もある

アドバイザーからのレスポンスが遅い場合もあります。

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは複数の転職者を対応しているため、メールや電話のレスポンスが遅くなってしまうようです。

とはいえ、時期や担当者次第なところもあるので、そういった場合は、担当者の変更も可能です。

レスポンスの問題はどの転職エージェントを利用しても起こるので、その都度担当者の変更で解決していきましょう。
シン

デメリット③:希望に合わない求人を紹介される

希望に合わない求人を紹介されることもあります。

とくに、自分の求めている条件や要望を伝え切れていない場合に起こるようです。

希望に合わない求人を紹介された場合は、「これは希望とは違う」とはっきりアドバイザーに言ってしまって大丈夫です。

転職を成功させるためにも、自分の要望はきちんと伝えていきましょう。
シン

リクルートエージェントの評判

ここからはリクルートエージェントの【良い評判】と【悪い評判】をまとめてご紹介していきます。

良い評判

https://twitter.com/ruruko_2020_06/status/1289091632629862401?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1289091632629862401%7Ctwgr%5E&ref_url=https%3A%2F%2Fnojiblog.com%2Frecruit-agent-reputation%2F
https://twitter.com/bidoku/status/512214376120471552

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは、かなり評価が高いですね。

悪い評判

https://twitter.com/MPremama/status/1288745831831461888

忙しさゆえか、レスポンスが遅いという意見もちらほらありました。

こんな人にリクルートエージェントはおすすめ

リクルートエージェントは、転職を検討している方なら誰にでもおすすめできる転職エージェントです。

こんな人には特におすすめ

・転職活動が初めてな人
・キャリアアドバーザーからのサポートが欲しい人
・転職エージェントを何個も登録したくない人
・幅広い求人を検討した人
・首都圏以外での転職を考えている人
・誰かに転職について相談したい人

上記に当てはった方は、リクルートエージェントは登録しておいて間違いないです。転職を成功させるためにも、リクルートエージェントを利用していきましょう。

>>リクルートエージェント

併用すべき転職サービス

転職サービスは組み合わせて使うことで、より効率よく転職の成功率を高めてくれます。

理由は以下のとおり、

・担当がつかないサービスもあるので、自分のペースで転職が進められる。
・大手をあえて選ばないことで、より自分にあった担当を見つけられる。

転職者の中には担当がつくことが逆にプレッシャーになってしまう方もいます、そういう方は自分のペースで転職を進めていくのがベストです。

また、大手エージェントは「なんとなくビジネスライクな感じがするな〜」と感じる人は、大手以外のエージェントをためしてみるのもいいと思います。

自分のペースで転職活動できる

リクナビNEXT

ビジネス職に特化したスタートアップ転職

UNIAS
ボクも転職の際にはリクルートエージェントと、その他転職サービスを利用していました。

転職活動をするほとんどの方が、リクルートエージェントとその他転職エージェントを併用しています!

シン

リクルートエージェント【よくある質問まとめ】

リクルートエージェントを利用する際のよくある質問をまとめました!

リクルートエージェントは本当に無料?

『リクルートエージェントは完全無料です』

登録料・利用料が一切かからないので、安心して使えます。

今は転職しないけど、登録だけでもOK?

『今すぐ転職の予定がなくても登録しても大丈夫です』

転職の準備をするなら、早い方がいいですし、自分の市場価値や、具体的な求人を把握するために利用するだけの方もいます。

転職の準備中に発見できることもあります、無料なので迷ったら登録してみましょう。
シン

複数の転職サービスに登録してもいいの?

『複数のサービスを利用してもOKです』

前述したとおり、複数のサービスに登録して幅広く求人を見ていくことが大事です。

ここだけの話ですが、担当者から「他社のサービスも利用していますか?」と聞かれることがありますが、素直に「はい」と答えておきましょう。
担当者も顧客を奪われたくないので、その後のサポートが手厚くなったりします。

転職サービスは複数利用して、転職の成功率を高めていきましょう。

リクナビNEXTとの違いは何?

『リクナビNEXT』と『リクルートエージェント』の違いは以下のとおりです。

リクナビNEXT

サイトを利用して、自分で求人を探すスタイル。担当者がつかないので自分のペースで転職活動に専念できる。

リクルートエージェント

担当者が付きます。自分に合った求人を紹介してくれたり、面接や書類の添削までサポートしてくれます。

『リクナビNEXT』と『リクルートエージェント』は同じリクルートが運営していますが、双方で違う求人があります。

リクナビNEXTも無料で利用できるので、求人をチェックしてみることをおすすめします。

>>リクナビNEXT

エージェントとの電話面談も可能?

『電話面談もOKです』

リクルートエージェントのオフィスが遠かったり、現状の仕事が忙しかったりするとなかなか対面で会いにいく時間がなかったりしますが、そんな方でも電話面談があるので安心です。

ボクも転職時には電話面談を利用させて頂きました、電話とはいえかなり濃い内容の話ができます。
シン

キャリアアドバイザーの変更は可能?

『キャリアアドバイザーの変更は可能です』

リクルートエージェントのアドバイザーが優秀とはいえ、そこは「人対人」なので相性があると思います。

そんな時は「お問い合わせ」からキャリアアドバイザーの変更をお願いすればOKです。

直接言うのは気まずいという方は、「お問い合わせ」から変更の旨を伝えましょう。

まとめ|迷ったならエージェントに相談しよう!

今回は、

・リクルートエージェントの特徴
・リクルートエージェントのメリット・デメリット
・リクルートエージェントの評判
・こんな人にリクルートエージェントはおすすめ
・転職エージェントとの併用がおすすめ
・リクルートエージェント【よくある質問まとめ】

についてまとめました。

リクルートエージェントは業界最大手なうえ、求人数もNO.1なので、転職を考えている方は登録必須の転職エージェントといえるでしょう。

転職で迷ったなら、まずはエージェントに相談してみましょう。

>>リクルートエージェント

併用おすすめの転職サービス

>>リクナビNEXT>>UNIAS

今回は以上となります、参考になれば幸いです😌

-WORK

Copyright© Shinzipa Blog 🧠 ⚡ , 2020 All Rights Reserved.