リモートワークで集中できないと感じたらやるべき行動5選【どれも超簡単】

悩んでいる人
リモートワークに切り替えたんだけど、一人だと集中力が続かない。

そんな疑問にお答えいます。

リモートワークで集中できないと感じたらやるべき行動5選

ポモドーロテクニックで、自動で集中するサイクルを作る。
瞑想を休憩に取り入れる。
グリーンエクササイズをする。
コーヒーを適切なタイミングで飲む。
GI値の低い食品に変えてみる。

こんにちは、シンです。

この記事を書いている僕は、リモートワークを自分から提案して会社に導入。本業も日々こなすかたわら、副業ブロガーとしても活動しています。

最近ではコロナウイルスの影響で強制的に企業側がリモートワークを導入したりして「いきなりの

リモートで自宅じゃ集中して作業できない…」と悩む方も多いと思います。

というわけで今回は、「リモートワークで集中できないと感じたらやるべき行動」に関して、深掘りしつつ解説していきます。

リモートワークで集中できないと感じたらやるべき行動5選

リモートワークで手中できないと感じたら以下の5つの行動をとることをおすすめします。

ポモドーロテクニックで自動で集中するサイクルを作る。

瞑想を休憩に取り入れる。

グリーンエクササイズをする。

コーヒーを適切なタイミングで飲む。

GI値の低い食品に変えてみる。

一つひとつご説明していきます。

ポモドーロテクニックで自動で集中するサイクルを作る。

まず第一におすすめしたいのが【ポモドーロテクニック】です。これは25分の作業時間と5分の作業時間を繰り返すことで集中力が増す、超簡単でいますぐ始められる強力なテクニックです。

作家のフランチェスコ・シリロが学生時代に愛用していたトマト型のタイマーをもとに名付けられたもので。(ポモドーロはイタリア語でトマトの意味)

始めた瞬間から集中状態に入ることが出来る上、継続すれば注意力・集中力を鍛えることも可能です。

集中することは1点に絞る。

【ポモドーロ・テクニック】は心理学上でいうところの「締め切り効果」や「デッドライン効果」で、時間を短く分割していけばいくほどに、集中力の管理がしやすくなる人間の性質を利用したテクニックです。

ポモドーロテクニックを行う上の注意事項として、この25分間は1つのことに集中してください。

この25分だけ、たった1つのことに集中すればいいんだと考えると人は本来持っているポテンシャルを発揮できるようになります。

「午前中はGoogleカレンダーでスケジュールの調整をして、午後はZoomでオンライン会議とSlackで報告をしてから、クライアントにメールを返して。んーいろいろ有るけど8時間も有るから余裕だろ~」と考え始めた瞬間にあなたの集中力は崩壊してしまいます。

いっけん無駄に見えるような5分間の休憩をとってでも、25分間1つのことに集中して作業するサイクルを作る方が。よっぽど効率がいいんです。

25分の集中も難しいという方は『15分の作業と3分の休憩』からはじめて、慣れてきたら。25分まで作用時間を伸ばしてみてください。可能であれば、スマホやノートに。集中できた時間を記録していくといいでしょう。自分の集中力が伸びてきたことが手に取ってわかるので。モチベーションにもつながります。

瞑想を休憩に取り入れる。

ポモドーロテクニックの注意事項として先ほど「25分間は1つのことに集中してください。」と言いましたが。25分間で終わらない長い作業の場合は5分の休憩の前後で同じ作業を継続して行なってください。

なぜなら人間の脳は上の空になっている状態でも、先ほどやっていた作業内容のことを考えているからです。

なので5分間の休憩の後にアイディアがたくさん出てきたり作業が早くなったりします。「寝かすとアイディアが出る」とはまさにこのことです。

僕のおすすめはこの5分休憩の間は瞑想を行うことです。初心者であればいちばん簡単にできる呼吸の瞑想がいいでしょう。(吸う息と、吐く息に5分間集中するだけです。)

間違っても、休憩中にメールのチェックや、スマホゲームを始めないでください。この5分はあくまで脳を上の空にして休憩するのが目的です。

瞑想の効果をまとめた記事は下記リンクから。

瞑想で脳が変わる?|瞑想で性格がよくなる理由がコレ!

続きを見る

グリーンエクササイズをする。

瞑想の他に緑の中を5分間だけ歩く【グリーンエクササイズ】も集中力の回復に大いに役立ちます。

イギリスのエセックス大学の研究チームの調査によると、公園などの野外の緑の中で5分間、体を動かすだけで、心身ともに大きなリフレッシュ効果がえられたことがわかっています。

できれば陽の光を午前中に浴びるようにすると「幸せホルモン」と呼ばれているセロトニンの分泌を活性化することも可能です。

コーヒーを適切なタイミングで飲む。

コーヒーに含まれているカフェインは認知能力の低下を防ぐ効果があることがわかっています。

最適な量としては1日450mlくらいが適量とされています。スターバックスのグランデサイズや小さめのコーヒーカップ3杯くらいですね。

またカフェインが体に作用してくるまでおよそ20分~30分ほどの時間がかかるので。大体午後の集中力が切れて眠くなってくる時間(僕の場合は14時~15時頃)にコーヒーを飲むと集中力を途切れさせずに作業の継続が可能です。

GI値の低い食品に変えてみる。

GI値とは「グルセミック・インデックス」のことで食後2時間の血糖値がどのように上昇していくかを示す指標のことを言います。

そして血糖値が食べたらすぐ上昇する食べ物を高GI値食品、じわじわ上げていく物を低GI値食品といい。

高GI値の食品はすぐにブドウ糖が脳に行き渡り、集中力を一気に高めてくれる性質がある一方、急激に集中力が失われていく特徴も備えています。

そこで長続きする集中力には低GI値の食品が役に立つのです。低GI値食品なら、ちょうど食べてから2時間ほどで集中力のピークを迎え。その後の集中力の降下も穏やかです。僕は朝ごはんを摂りませんが昼・夕共に、主食は低GI値食品の玄米を食べて。本業・副業両方で高い集中力を維持しています。

下記が高・中・低GI値食品のリストです。

低GI値中GI値高GI値
そば、玄米
全粒粉パン
りんご
チーズ
ヨーグルト
うどん
サツマイモ
プリン
クッキー
バナナ
白米、パン
カボチャ
煎餅

まとめ|集中力はコントロールできる

リモートワークで集中できないと感じたらやるべき行動5選

ポモドーロテクニックで、自動で集中するサイクルを作る。
瞑想を休憩に取り入れる。
グリーンエクササイズをする。
コーヒーを適切なタイミングで飲む。
GI値の低い食品に変えてみる。

についてまとめました。

集中力はある程度、コントロールが効くものです。

いずれにせよ会社に出勤して集中ができていたのであれば、在宅ワーク(リモートワーク)でも同じく集中して仕事ができるはず。

また上記の行動を取ればそれ以上の集中力が得られるかもしれません。

今回は以上です。

参考書籍。

-BLOG, HEALTH, LIFE STYLE, PSYCHOLOGY, SCIENCE, WORK

Copyright© Shinzipa Blog 🧠 ⚡ , 2020 All Rights Reserved.